シミの予防6つの方法|体内外から出来る簡単シミ対策

Pocket

紫外線夏は日差しが降り注ぐと同時に、紫外線の気になる季節です。紫外線は、しわ・シミ・たるみの原因となります。男性でも将来、肌質の影響で老けて見られる事は、避けたいところでしょう。

このページでは、シミの原因、予防方法についてご説明しますシミを作らせない、出来てしまったシミを濃くしない為にも参考にして下さい。



1.シミの原因

メラニンの過剰生成と蓄積

シミシミの元は、肌が体内を守る為に生成するメラニンです。メラニンは、外内部の影響によって、作られる量が変化します。通常は多く作られた場合、不要となった時点で、体外に排出されます。しかし、様々な理由により、排出できなかったメラニンが蓄積して、シミとなってしまうのです。

シミが出来る8つの原因

syokkuではメラニンが多く作られる要因となるのは、どんなものがあるのでしょうか?ここでは簡単に説明していきます。シミの原因について、詳しくは【シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策】をご覧ください。

  • 日焼け
  • 乾燥
  • ニキビ
  • 間違ったスキンケア
  • 乱れた食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • タバコ

2.シミの予防

上記でご説明した様に、シミには様々な要因があります。以下は、シミを作らせない様にする為の予防法をご説明します。

1.日焼け対策を行う

日焼け対策上記でも説明した通り、シミを作る原因の主が紫外線となります。紫外線対策は夏だけなく、年中行いましょう。基本的には日焼け止めを使用し、マスク・帽子や日傘なども場合によっては使ってみましょう。最近は男性用の日傘もあるようですので、楽しんでみてはいかがでしょうか。

注意1|日焼け止めは、用途に使い分けて

日焼け止めには、SPFとPAで表示される紫外線をカバーできる強さの度合いがあります。じゃあ強い方が良いのかと言うと、実はそうではありません。日焼け止めは強いほど、肌への負担も大きく、その負担が結果としてシミの原因になる可能性もあります。用途によって使い分けましょう。

日焼け止め強さ目安表

 

SPF

PA

日常生活

5

ドライブや外でのデートなど

10~20

++~+++

海や山、外でのスポーツなど

20~30以上

+++~++++

注意2|落とす時は、クレンジング剤が必要?

実は日焼け止めには、石鹸では落とせず、クレンジング剤が必要なものもあります。購入する時は、日焼け止めの裏に書いてある注意事項を読んで、落とし方にも気を付けましょう。



2.保湿をする

化粧水保湿を行う事で、お肌の新陳代謝の正常化、メラニンの過剰生成を抑えます。男性は皮脂の分泌が多い方だと、保湿を怠りがちです。ですが、実はそれが更に皮脂を出させてしまい、シミの出来やすいお肌へとなっているのです。朝晩の洗顔やシャワー後に、化粧水と乳液の使用を行いましょう。

正しい洗顔&保湿の方法は【シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策】をご覧ください。
お肌の乾燥と油分については【脂性肌は乾燥が原因!?|自分で出来る肌質チェック&スキンケア法】をご覧ください。

3.紫外線を多く当たる予定の前日はパックを

夏のこの季節は、海やレジャーの予定などが入っていると思います。紫外線を特別多く浴びる前の日には、いつもよりも多めに保湿しておく事をおススメします。保湿していればしているほど、お肌はダメージが受けにくく、シミ予防になるのです。

4.紫外線が多い10時~14時の間は出歩かない

一日の内で紫外線量が多いのは、10時~14時の日中です。ウォーキングやランニングなどのスポーツなどは、出来るだけ朝型や夕方に行うとお肌には負担が少なくて済みます。

5.しっかり睡眠を取る

お肌のターンオーバー(新陳代謝)は、深夜10時~2時が活発だと言われています。この時間にはなるべく寝ているようにすると、お肌のダメージも修復され、シミが出来にくくなります。

6.食事で予防する

シミを予防できる食事をご説明します。毎日の生活に摂りいれてみましょう。

ポリフェノール

ko-hi-ポリフェノールとは、植物が持つ生体防御物質の総称です。有名な所では、イソフラボンやカテキンなどが上げられます。コーヒーのポリフェノール【クロロゲン酸類】は、抗酸化作用が高く、シミを予防すると言われています。シミ予防には、ポリフェノール1000~1500ミリ/1日を推奨し、コーヒーだけなら3~5杯の量となります。

ビタミンC

Citrus Fruit抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑えて、色素沈着を予防する働きがあります。またコラーゲンの生成にも欠かせないので、強いお肌を作るのにも必要です。水溶性の為、体内に留まる事が出来ません。毎日きちんと取りましょう。

ビタミンCが多く含まれる食材
イチゴ、みかん、キャベツ、ブロッコリー、トマト、大根、緑茶、海苔などに多く含まれます。

ビタミンE

大豆メラニンの排出を助け、新陳代謝を高めるビタミンです。シミやシワを予防できます。
ビタミンEが多く含まれる食材
キウイフルーツ、カボチャ、大豆、うなぎ、あじ、アーモンド、ゴマなど

コラーゲン

魚肌の弾力を助けます。不足するとシミやたるみが発生します。
コラーゲンが多く含まれる食材
鶏の手羽先、鶏の皮、うなぎ、エビ、サンマ、鮭、軟骨など

コエンザイムQ10

抗酸化作用があり、不足すると疲れやすくなり、シミやシワが出来やすくなります。
コエンザイムQ10が多く含まれる食材
豚肉、大豆、落花生、カツオ、まぐろ、青魚など

3.日焼けした後のシミ予防

もし、うっかり日焼けしてしまったら、以下の事に気を付けながら、シミ対策を行いましょう。

1.まずは患部を冷やす!

タオルで冷やす日焼けをしたら、まずは患部を冷水や冷たいタオルなどで、しっかりと冷やし、熱を摂りましょう。赤くなっている場合は、炎症=火傷を起こしている状態です。タオルを患部において、その上から冷水を5分以上当てると収まってくるでしょう。

2.  当日は肌に優しい化粧水と乳液を

ジェル肌が炎症を起こしている状態では、強い化粧品を使うと余計に荒れてしまう事もあります。日焼けをした当日は、界面活性剤や添加物などが入っていない、優しい化粧水を使用しましょう。また、乳液も油分が多すぎると炎症の火照りを摂る妨げになります。さらっとした使い心地の乳液を使用しましょう。

3.2日以内が勝負!美白化粧品でケアを

美白化粧品日焼けが収まってきたら、早めに美白化粧品でケアをしましょう。特にヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCが入った化粧品がオススメです。将来のシミを作らない為にも、コットンパックなどで入念にケアをしましょう。

 

まとめ

夏はどうしても紫外線に当たってしまいがちです。ですが、それがシミを作る原因となってしまいます。一生、若々しくいる為にも、シミが出来ない様に気を付けましょう。




▽この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています。▽

・シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策・

・知っとこ!日焼け対策の3新事実|内&外側から体を守る方法・

・唇の乾燥の意外な原因!何となくしているアレを止めよう!・

Pocket

ヒゲ脱毛トライアルキャンペーン

メンズ脱毛サロン麻布十番では、ヒゲ脱毛トライアルキャンペーンを行っています。2011103

毎日の髭剃りが面倒くさい、カミソリ負けしちゃう・・・
青髭が濃いのが気になる!など、髭が無ければいいのにと感じてませんか?
ヒゲの脱毛を行う事により朝の時間も短縮!肌もキレイに若々しくなれます。

◎現在キャンペーン中の部位

  • 口下|4000円
  • 鼻下|4000円
  • ホホ|6500円
  • 全顔|23000円



ご予約はこちら

ご質問・ご感想などお聞かせください

*