知っとこ!日焼け対策の3新事実|内&外側から体を守る方法

Pocket

日焼け対策最近では、男性でも日焼けに気を付けて、美肌を目指している方もいます。また、脱毛時の日焼けはご法度なので、気を付けましょう。日焼けはシミやしわなどが作り、皮膚の老化をはやめてしまい、皮膚がんを引き起こす原因にもなるとても怖いものです。

このページでは、日焼けの説明、日焼け対策の新事実、日焼け対策(外部編)、日焼け対策(内部編)をご説明していきます。



1.日焼けについて

紫外線日焼けは医学用語では、「日光皮膚炎」といい、太陽光による火傷なのです。太陽光線の中の紫外線によって皮膚が刺激を受けたためにおこるもので、皮膚にとても悪影響といえます。紫外線は、皮膚がんや炎症の原因となるUV-Aと、皮膚を黒くして、肌老化を促進するUV-Bがあります。

日焼けは2種類ある!その1|サンバーン

サンバーンまず、日焼けにはサンバーンサンタンという二種類あります。
サンバーンとは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状です。
これは、紫外線の中でも短い波長のUV-Aと長い波長のUV-B、両方の強い紫外線を短時間で浴びることで、メラニン色素の放出が間に合わず、肌が炎症を起こした状態です。炎症がひどい場合は、水ぶくれができることもあります。皮膚がただれるだけでなく、肌のDNAにも強い損傷が出るため、しみができやすくなります。

日焼けは2種類ある!その2|サンタン

サンターンサンタンとは、メラニン色素が皮膚表面に沈着する症状があります。
主にUV-Bの紫外線による影響によって起ります。軽度の日焼けであるため炎症や痛みが伴うことはありませんが、肌が黒くなることでしみになる場合があります。

同じ状況下においても、サンバーンになる人とサンタンになる人に分かれます。一般的には、メラニン色素が少ないタイプの肌は、サンバーンになりやすいと言えるでしょう。

2.日焼け対策の3新事実

① 目が日焼けすると全身が黒くなる!

脳が命令する一般的に目が強い紫外線を受けると、角膜が炎症を起こし、充血、ドライアイ、眼精疲労などの症状を引き起こします。
そのまま長時間紫外線を浴び続けると、白内障の原因にもなります。
また、目に紫外線を受けると肌も日焼けをしてしまうのです。目に紫外線が当たると、目の細胞がダメージを受け、その情報が脳に伝わると肌守るために脳が「メラニン色素を作る」という判断をします。その結果、肌に直接紫外線があたっていなくても皮膚が黒くなるのです。

② 黒くなりにくい人ほど、強い日焼け止めを使用するべし!

黒くなりにくい上記で説明しましたが、実は肌が赤くなって黒くならない人ほど、お肌の内部にダメージが与えられているのです。黒くなるのはメラニンの作用ですが、メラニンは肌のバリアなのです。紫外線に対して、肌のバリア機能が弱い=黒くなりにくいと言えるでしょう。焼いても黒くならないから、UV対策は必要ない!と思うのでなく、将来の自分の為にも、日焼け対策をしっかりと行いましょう。

③ UVカット機能のないサングラスは、余計に日焼けする!

サングラス2日差しが強い日には、サングラスをかける方が増えます。確かに日差しは目に入り難くなり、眩しくはなくなりますが、実は紫外線は通してしまっているのです。むしろ、日光は黒い色に集まる傾向があり、通常時よりも紫外線を集めている場合が多いでしょう。上記に説明した通り、目から入る紫外線量でメラニン活性度が変わります。日焼けをしたくない場合は、UVカット機能の付いたサングラスを使用しましょう。



3.日焼け対策|外側編

日焼け止めクリーム

UVクリーム日焼け止めには、PA値とSPF値があります。PA値とは皮膚がんや炎症の原因となるUV-Aを防ぐ値、SPF値とは皮膚を黒くして、肌老化を促進するUV-Bを防ぐ値の事を指します。値が高い程、お肌を守る力も強いですが、その分お肌の負担になります。日常使いをする場合は、SPF10|PA+を目安とし、レジャーに行く場合は、SPF30~50|PA+++を使用するなど、用途別に使い分けましょう。日焼け止めはムラなくしっかりと塗り、次第に効果が落ちるので2,3時間ごとに塗りなおすと効果的です。

帽子をかぶる

帽子野球帽やサンバイザーでも効果はありますが、つばが前にしかない帽子よりも首まですっぽりと覆う事のできる帽子のほうが良いでしょう。
また帽子以外にも、首にタオルやストールを巻くなどし、後ろからの日差しにも気を付けましょう。

サングラス(UV対応)をかける

サングラス1目に紫外線を受けると脳からの指令で肌まで日焼けをしてしまうため、目全体を覆う幅広で顔の形にフィットするUV対応のサングラスが良いでしょう。また、先ほどもご説明しましが、普通のサングラスでは色が濃いものは紫外線を侵入しやすくするため逆効果です

紫外線を通さない衣服を選ぶ

紫外線を通さない服衣服には素材によって、紫外線を通すものと通さないものとがあります。
紫外線を通さない素材は、ポリエステル素材と綿素材です。
最近ではUVカットを前提とした衣服も多く販売されていますので、日焼けをしたくなり場合は、賢く利用しましょう。

4.日焼け対策|内側編

特定の栄養素を摂取することで紫外線に対する肌の強度が増す、日焼け対策に効果の高い食べ物を紹介します。

ビタミン

ビタミンCビタミンCは紫外線によって増えるメラニンの生成を抑える働きがあるため、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。レモンやオレンジやグレープフルーツなどの果物や、緑黄色野菜に多く含まれています。
特にブロッコリーには皮膚がん予防に効果があるとされています。

アーモンド、ナッツ類

ナッツナッツ類に多く含まれるビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれており、細胞膜の保護や強力な抗酸化作用、新陳代謝の促進などさまざまな効果があります。
また、シワを防ぎ、保湿力もアップします。

トマト

ミニトマトトマトに含まれる、「リコピン」は、紫外線によるダメージで肌の炎症反応を軽減する強力な栄養素です
また、生のトマトよりもケチャップやスープ、ジュースなどの加工品がリコピンが身体に吸収されやすいそうです

ダークチョコレート

チョコレートカカオ70%以上のダークチョコレートには、紫外線によるダメージを防ぎ美しい肌を保つのに必要な栄養素が多く含まれています。
そのため、日焼けに対する耐性を強める効果があります。

コラーゲン

魚コラーゲンは皮膚の真皮を構成するためには必須の重要な栄養素になります。
コラーゲンが不足するとお肌の新陳代謝が悪くなり、シミやシワの原因にもなります。
主に、豚足、鶏手羽、肉、魚の骨、皮などに多く含まれています。

いかがでしたでしょうか?目からの紫外線量で、全身が日焼けするというのは、驚きですね。夏も正しい日焼け対策を行って、綺麗な肌を目指して下さいね。


▽この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています。▽

・貴方の日焼けは赤くなるor黒くなる?肌別アフターケア方法・

・紫外線は恐ろしい!男こそ使用すべき日焼け止めクリームの基礎知識!・

・シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策・

Pocket

ヒゲ脱毛トライアルキャンペーン

メンズ脱毛サロン麻布十番では、ヒゲ脱毛トライアルキャンペーンを行っています。2011103

毎日の髭剃りが面倒くさい、カミソリ負けしちゃう・・・
青髭が濃いのが気になる!など、髭が無ければいいのにと感じてませんか?
ヒゲの脱毛を行う事により朝の時間も短縮!肌もキレイに若々しくなれます。

◎現在キャンペーン中の部位

  • 口下|4000円
  • 鼻下|4000円
  • ホホ|6500円
  • 全顔|23000円



ご予約はこちら

ご質問・ご感想などお聞かせください

*