知らないと怖い毛嚢炎|毛嚢炎の4原因と6つの対策方法

Pocket

毛嚢炎1小さいニキビみたいなモノが大量にできてしまった!ビックリして調べたら、毛嚢炎という症状かも?どうしたら良い?という方に、このページはおススメです。実際に毛嚢炎に悩む人は多くいますし、クセになり繰り返す方もいるので、対策をしっかり勉強しましょう。

このページでは、毛嚢炎の症状や改善方法をご紹介します。



1.毛嚢炎(もうのうえん)とは

ニキビの様な赤いブツっとした炎症

毛嚢炎毛嚢炎は、汗をかきやすい部分に多くできます。多くは小さく赤いブツブツができた状態で、中央に膿を持っていて一見、ニキビのようなものです。軽度の場合はかゆみや痛みはほとんどありませんし、自然治癒をする事が多いです。ですが、ひどい場合だと発熱や痛みを伴うことがあります。そのときは自然治癒を待たずにお医者さんに行くことをオススメします。

毛嚢炎の原因|ブドウ球菌の感染

ブドウ球菌毛嚢炎は毛包(毛穴の中)に傷がつき、ブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。ブドウ球菌とは、お肌の上にいる常在菌です。この菌がいる事は普通ですが、毛穴の中が傷ついた時に、その傷に入り込むことによって、毛嚢炎の症状を起こします。長時間湿った状態が続くと、毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり感染します。汗をかきやすい時期、特に夏に症状が出やすいです。
※写真参照サイト http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%E7%90%83%E8%8F%8C

毛嚢炎の症状

毛嚢炎

  • 毛穴の上に突起状を起こします。
  • 赤いブツブツができます。
  • 中央部分にニキビのように白い膿が見える状態になることがあります。
  • 軽度の場合、かゆみや痛みはありませんが重度の場合、発熱や痛みがあります。
  • 炎症が悪化して化膿してしまうことがあります。

2.毛嚢炎ができる原因・きっかけ

1.ムダ毛処理やヒゲ剃りによるもの

シェービング毛嚢炎が発生する原因は、主にカミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理した時などにできます。
カミソリを使った深剃り、逆剃りや毛抜きなどによって毛穴内部が傷つき、そこからブドウ球菌などが侵入することで発生します。
またレーザーや光脱毛、ワックス脱毛などを行った時も、出来る場合があります。

2.ステロイド剤の使用によるもの

ステロイドクリームアトピーの方はブドウ球菌が普通肌の方よりも多い状態ですので、ステロイド剤を使っていたりするとかかりやすい傾向にあります。またアトピーが痒くて皮膚をかくと、その部分が傷ついてしまい、ブドウ球菌が入る原因となってしまいます。

3.ストレスによるもの

ストレスストレスで免疫が弱くなったりすると、皮膚が傷つきやすくなります。
また、イライラして皮膚をかいてストレス発散をしてしまと、皮膚が傷つき毛嚢炎発症の原因にもつながります。

4.食生活の原因

外食バランスの悪い食事や、甘いものばかり食べていたりすると、肌が荒れやすくなります。そうすると皮膚は炎症を起こし、痒くなります。その際に掻いてしまうと、毛穴に傷がつき、毛嚢炎の原因となります。また、肌を傷つけると出る浸出液や皮脂は、ブドウ球菌の餌となるので、更に気を付けなければなりません。

3.毛嚢炎の治療法

薬を服用する

医者毛嚢炎が、沢山できてしまった場合は、化膿止めの薬を服用する必要があります。2~3日継続して服用し、症状の改善を行います。
化膿止めのお薬は市販品にもありますが、自己判断が難しいでしょう。
心配な場合は、皮膚科のお医者さんに相談し、適切な処置をして貰いましょう。

4.毛嚢炎を作らないための対策法

1.カミソリよりも電気シェーバー

髭剃りムダ毛処理に使う器具は、カミソリよりも電気シェーバーがオススメです。電気シェーバーの方が、直接肌に触れないため肌に傷が出来にくく、毛嚢炎になる可能性が低いです。
電気シェーバーでも、刃が剃りづらくなると無理に押し付けたりして肌を傷つけてしまうため刃は定期的に取り替えましょう。



2.寝具をの清潔に保つ

寝てる男性寝具類を不潔にしていることは、いいことではありません。長時間湿った状態が続くと、ブドウ球菌が活動しやすくなってしまいます。可能であれば天日干しなどを欠かさず行うことで回避することは可能です。
また、布団カバーなど洗濯できるものはこまめに洗うようにしましょう。

3.こまめにシャワーを浴びる

シャワー汗をかいたままにしていると、肌にもよくありませんし、毛穴にブドウ球菌が入りやすくなり毛嚢炎が出来やすくなります。
汗をかいたら、洗顔やシャワーを浴びて清潔にし、感染を防ぎましょう。

4.シャンプーはしっかり流す

シャンプー頭皮にシャンプーやリンスなどが残ってしまうと、頭皮の毛穴が詰まってしまったり、肌荒れの原因となり、そこから菌が繁殖してしまう可能性があります。頭皮やおでこの毛嚢炎が気になる場合は、シャンプーをしっかりと流すように心がけましょう。

5.バランスの良い食生活

食事毛嚢炎の予防には体の中から改善することも重要です。
高脂肪の食事は、皮脂がたくさん分泌されてしまう可能性があります。そうすると、肌が荒れてしまいます。肌荒れを起こすとお肌が痒くなったり、ブドウ球菌の餌である皮脂や浸出液を出してしまいます。脂っこい食事はなるべく避け、野菜中心の食生活に変えるなどの改善を心がけましょう。

6.ストレスを溜めないようにする

運動ストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れてしまい、お肌が荒れたりしてしまいます。その結果、毛嚢炎の原因にも繋がってしまいます。
運動や入浴、睡眠などで気持ちを和らげてストレスをなるべく溜めないようにすることも大切です。

5.毛嚢炎を防ぐ方法

正しい洗顔

洗顔毛嚢炎を防ぐ方法としては、まず正しい洗顔を行い肌を清潔に保つことが重要です。
ここでは、正しい洗顔方法をご紹介します。

  1. 洗顔の前に手を洗い清潔にしておく。
  2. 生え際までしっかりと洗えるように、髪の毛が長い人は、ゴムやピンなどでまとめて洗顔の邪魔にならないようにする。
  3. ぬるま湯で、肌の表面についている汚れを洗い落す。
  4. 石鹸や洗顔フォームをフワフワに泡立たせて、泡で顔全体を洗う。このとき手でゴシゴシと洗わないように気をつける。
  5. 泡が残らないように、生え際までしっかりと洗い流す。

正しいシェービング方法(カミソリの場合)

シェービング

  1. シェービングをすると肌が削れてしまうため、ワセリンを塗り肌の保護をします。
    ワセリンは肌を守りながら、綺麗に剃る事ができるのでオススメです。
  2. レンジで1分ほど温めた蒸しタオルは顔全体にあて、毛を柔らかくします。
  3. シェービングフォームかジェルを塗り処理していきます。シェービングフォームかジェルを塗らずにシェービングすると、肌が傷つき毛嚢炎の原因になるので注意しましょう。
  4. シェービング後は肌が傷ついている可能性があるので、処理後は再度ワセリンを塗り、傷ついた肌を保護します。

※電動シェーバーを使う場合は、2の工程を省いて行ってください。
※さらに詳しいシェービングの方法は【4つのポイントを抑えるだけ!毎朝10分で出来る正しい髭の剃り方】を参考にして下さい。

注意

ポイント

  • 泡がしっかりと落としきれていないと、汚れの原因になってしまいます。そうすると痒くなったりして、毛嚢炎の原因にも繋がるので念入りに洗い流しましょう。
  • ひっかき傷を作らないようにする。傷ができるとそこから細菌が入り込んで毛嚢炎ができてしまうので注意しましょう。

普段から、汗をかいたらシャワーを浴びたり、こまめに下着を替えたり、正しい洗顔を心がけることで毛嚢炎の予防はできます。
毛嚢炎は習慣になってしまうと治りづらいので、しっかりと予防し清潔な肌を守りましょう。
ひどいようなら、まず皮膚科を受診しドクターに相談することをオススメします。

お問い合わせはお気軽に



▽この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています。▽

・シミには8種の原因があった!シミの原因を簡単解説&すぐ出来る対策・

・男性の毛穴黒ずみを徹底撃退|基本の4ステップとスペシャルケア方法・

・髭剃りでニキビが出来る2大原因|簡単に今日から始められる改善策!・

Pocket

ヒゲ脱毛トライアルキャンペーン

メンズ脱毛サロン麻布十番では、ヒゲ脱毛トライアルキャンペーンを行っています。2011103

毎日の髭剃りが面倒くさい、カミソリ負けしちゃう・・・
青髭が濃いのが気になる!など、髭が無ければいいのにと感じてませんか?
ヒゲの脱毛を行う事により朝の時間も短縮!肌もキレイに若々しくなれます。

◎現在キャンペーン中の部位

  • 口下|4000円
  • 鼻下|4000円
  • ホホ|6500円
  • 全顔|23000円



ご予約はこちら

ご質問・ご感想などお聞かせください

*